子猫を迎える前の心構え・注意点

 これから子猫を飼おうと思っているならば、そのための心構えと注意点を把握しておく必要があります。飼ってから後悔する人の多くは、猫を迎える前のわくわくとした気持ちばかりにとらわれて、このことを軽視します。しかし自分が後悔しないために、そして迎えた猫を不幸にさせないためには、このところはしっかりと把握しておきましょう。

  • まず、猫を飼うということは飼育のためにお金がかかり、世話のために手間と時間がかかり、想像以上に大変なものだということです。そのため、猫を飼うことによって、ライフスタイルを変えていく必要も生じます。猫は確かに可愛く癒してくれる存在ですが、それと同時に生き物であり、飼育のためには苦労が伴います。
     あなたの家は猫を飼育するのに適しているでしょうか。また、引っ越しの際には猫が快適に生活できるということを前提に物件探しをする覚悟があるでしょうか。捨てられる猫の中には、引っ越し先が飼育に適していない、または飼育できない環境であるからという人間の身勝手な理由によって捨てられてしまう猫が多くいます。
     現在住んでいる家は飼育に適しているか、近所に迷惑をかけることなく飼育していけるか、転勤などで引っ越しは多くないか、などを飼育前に今一度考えてみましょう。

  • 猫と暮らすことになる家族はみんな猫が好きかどうかということも重要なことです。家族みんなと一緒に暮らしていくのですから、自分ひとりだけ猫が好きというのではいけません。家族の中にアレルギーを持っている人はいないか、家族みんなで責任を持って、猫が死ぬまで飼育することができるかどうか、ここも今一度よく考えてください。

  • 猫の寿命は年々伸びています。平均寿命は犬よりも長く、15年以上生きる猫がもはや普通になりつつあります。どのような理由があるにせよ、途中で飼えなくなったからやめるということはできないのです。それまで人間の手で保護されてきた猫は、自分だけでは生きていくことはできないのです。

  • お金についてもよく考えましょう。猫を飼育していくためには、エサ代、病院、トリミング、その他の用品のためにお金がかかります。面倒を見るのに十分なお金がなければやがて猫の存在を重荷に感じてしまい、猫を不幸にさせてしまいます。

  • 猫に関する知識は、少なくとも最低限のものは持っておく必要があります。たとえば食べ物ですが、知識がないために食べてはいけないものを食べさせてしまい、健康を損なうということもあり得ます。最低限の知識はきちんと学んでから飼うべきです。

  • そして、飼育のためには大変なことでも責任を持って行う覚悟はあるでしょうか。猫はきれい好きであるため、トイレ掃除は毎日行う必要があります。時には爪とぎによって壁や家具を傷つけてしまうかもしれません。生き物ですから病気にかかることもあるでしょう。そのようなことがあっても飼育を放棄せず、真摯に猫と向き合っていく覚悟がなければ飼う資格はありません。

  • 愛情を十分に注いであげられるかということも大切です。それも死ぬまでずっと愛情を注いでいくことができるでしょうか。もしあなたに「友達が飼っているから私も飼ってみたい」とか「流行っているから飼ってみたい」などという安易な気持ちがあるならば、継続して愛情を注ぎ続けることは難しいかも知れません。
 以上のうち、どれか一つでも「無理かもしれない」という思いがよぎったならば、今はまだ飼う時期ではないのかもしれません。
 生き物を飼育するのは素晴らしいことです。知能を授けられた人間は、他の動物を自らの手で幸福にすることができます。その中から学べることも無数にあります。しかし同様に、他の動物を不幸にすることもできます。
 安易な気持ちで飼育を考えるのはやめましょう。もし猫と触れ合いたいならばテーマパークや猫カフェなど、猫を直接飼育せずとも触れあうことができる場所はいくらでもあります。不幸な猫を増やさないためにも、自身のない人はそのことを自覚し、猫と触れ合える施設で満足しておくのが自分のためにも猫のためにもいいことです。

この記事が気に入ったらシェアしてね!
みんなのペット保険
57人がみんなの猫事典について「いいね!」と言っています。
Yoshifumi Matsui
Rio ThiHan Crist
金子 明子
本藤 まゆみ
山上 恭子
黄瀬 やよい
大澤幸司
高瀬 博之
針原 希美子
西中 孝
竹田瑛里
藤井 邦明
花井 白蓮