飼い主が知っておくべき法律

 猫をはじめとする動物を飼育するに当たっては、様々な法律を知っておく必要があります。これは猫を飼うならば知っておくべき法律ですので、しっかりと把握しておきましょう。特に犬とは大きく違う部分もありますので、そこには注目しましょう。


動物愛護に関する法律

 まずは猫に限らずに生き物を飼育する際には最も基本となる「動物愛護法」を知っておくべきです。これは飼育される猫が幸せな生活を送れるように、飼い主の努めるべき責務を定めたものです。ポイントをまとめると、

  • 猫の生態、習性に応じて適切な飼育をし、健康、安全に飼育しなければならない。
  • 飼い猫が人の身体や財産に危害を加えたり、生活環境に支障をきたす原因を作ったり、他人に迷惑をかけることがないようにしなければならない。
  • 飼い猫に対して故意にエサを与えなかったり、水を与えないことによって種弱させたり、健康を害することがないようにしなければならない。
  • 飼い猫を故意に怪我をさせたり、殺してはならない。
  • 飼い猫を捨ててはならない。
などが代表的なものです。これらに違反した場合には罰金や懲役に問われることになります。

 犬と違う点を詳しく述べておきます。放し飼いについてです。
 猫は犬に比べて脱走する癖があるため、室外に出やすいものです。そうすると猫は近所を自由に動き回ることになります。犬は放し飼いが認められておらず、飼い主の管理不足で周囲を徘徊すると法律違反となってしまいますが猫の場合はどうでしょうか。
 猫の場合には、放し飼いが認められています。なぜならば、動物愛護法には「動物の生態、習性、および生理にしたがって飼育するべきである」と定められているため、猫の生態、習性、生理から考えると放浪癖があるため放し飼いが認められているのです。犬はそうではないため、リードをつけて飼う、柵の中で飼うなどの規制が設けられることになります。

 もちろん、原則的には飼い主の家の敷地内で飼うべきであることが原則となっているものの、猫の放浪癖を習性であるとするならば、それを無理やりに室内に閉じ込めておくことは習性を無視した飼育ということになり、虐待であるとする見方もできるわけです。これによって、放し飼いは許容されているのです。

 このことに関して問題になる部分は、飼い猫を放し飼いにすることと、野良猫にエサを与えることの区分についてです。
 そもそも飼い猫というのは、飼い主が主観的にその猫を飼っているという意思があり、さらに客観的にもその猫が飼われていることが明瞭である猫の場合をいいます。たとえばその猫に飼い主がエサや水を与えているという客観的状況です。
 このようなことによって飼い猫と野良猫の区別がなされているため、客観的に見て飼い猫だと断定できる要素がなければ、たとえその猫が飼い猫であっても野良猫ともみなすことができます。そして野良猫にたいしては、動物愛護法の観点から見ても、地域の安全面、衛生面などからみても厄介な存在として扱われます。
 この辺に関しては非常にあいまいな部分です。つまり放し飼い自体は法律で容認されているにもかかわらず、それが放し飼いの飼い猫ではなく野良猫とみなされた時には排除の対象になりかねず、放し飼いに対する法律が飼い猫を保護する力を持たなくなることが考えられるのです。
 これを防ぐための有効な方法は、飼い猫であるとわかる客観的要素を作り出すために、飼い主の氏名、住所、連絡先などを記載した首輪をはめておくことです。
 もっとも、飼い猫であっても、放し飼いをすることによって公共物を破壊したり、マーキング行為によって衛生面での問題を引き起こせば飼い主の責任問題となることもあります。
 このように、猫に関する法律は、放し飼いに関する部分は多少複雑ではありますが、犬の法律のように狂犬病予防の予防接種に関する法律などがないだけに、簡単と感じられることでしょう。

この記事が気に入ったらシェアしてね!
みんなのペット保険
57人がみんなの猫事典について「いいね!」と言っています。
武良 悦子
Mika Sato
花井 白蓮
藤井 邦明
竹田瑛里
高瀬 博之
黄瀬 やよい
白鳥 創
本藤 まゆみ
Yoshifumi Matsui
山上 恭子
針原 希美子
川延 彩乃