ペット保険について

 人間は万が一のときに備えて様々な保険をかけています。それと同じように、猫にも保険をかけることが出来ます。
 猫は人間の生活の中でとても身近な存在です。猫も生き物ですから、予期せぬ事故によって怪我をしたり、急に病気になってしまうこともあります。人間の場合であれば、怪我や病気の治療のために病院に行けば健康保険の補償が受けられるため、それほど経済的に大きな負担が掛かるものではありません。
 しかし、猫の場合にはそうはいきません。猫には健康保険などは無く自由診療にあたるため、手術や入院費は全て自己負担となります。そのため、長期の治療が必要となった時などには非常に高額な医療費が必要となり、大きな負担がかかることもあります。
 では具体的に、ペットの治療費というのはどれくらい掛かるものなのでしょうか。動物病院に行った事がない飼い主からすれば想像もつかないことでしょうから、まとめて見ました。見てみると分かりますが、かなりの高額になることもあるというのが分かります。いざというときのためのペット保険の重要性がわかると思います。
 ちなみに、治療費は一律に定められているものではなく、医療機関ごとに料金が異なります。ここであくまで書くのは目安と捉えてください。

初診料1,000円
皮内・皮下注射料1,500円
筋肉注射料1,500円
静脈注射料2,000円
動脈注射料3,500円
伝染病予防注射ワクチン(1種)4,000円
伝染病予防注射ワクチン(2種以上)6,000円~8,000円
外耳処置1,000円
歯石除去5,000円
皮膚検査(アレルギー検査)3,000円
皮膚検査(寄生虫検査)1,000円
皮膚検査(皮膚異常検査)1,500円
エックス線写真撮影3,000円
骨折手術50,000円
腫癌摘出手術30,000円
去勢手術(オス)20,000円~30,000円
避妊手術(メス)30,000円~50,000円
局所麻酔2,000円
全身麻酔7,000円
吸入麻酔9,000円
入院料(1日あたり)3,500円
診断書交付料2,500円

 外科手術が伴う怪我であれば非常に高額となり、入院する事になればさらに高額となる事が分かると思います。

 ペット保険には様々な種類のものがあります。それらをそれぞれ見て行く事にしましょう。
定率保障型
 治療費の一定の割合で保障を行うものです。たたとえば治療費の5割をまかない、残りは自己負担となります。人間の健康保険は7割が保障されて3割を自己負担ですから、これに似たものであるといえます。
実額保障型
 あらかじめ限度額を決めておき、治療に必要となった金額を全額支払ってくれるものです。

 そのほか、保障範囲も様々です。たとえば予防接種や去勢手術・避妊手術を行った場合に全額を保障してくれるもの、がん保険を含み、がんの診断を受けたときに給付金が支払われるもの、猫が死んだときに見舞金が支払われるもの、第三者に噛み付き怪我を負わせたときに見舞金が支払われるもの、ペットのしつけのサポートをしてくれるものなど様々です。
 保険料は取り扱い業者によって異なりますが、大体1ヶ月当たり3,000~5,000が相場といったところでしょう。月額保険料とは別に、入会金が必要となる場合もあります。

 ちなみにペット保険会社の種類は2つに分けられます。
損害保険会社
 金融庁の認可の元に営業している保険会社です。一般的に保障金額と保障期間は手厚く設定されています。
小額短期保険会社
 商品の金額や安く設定されていますが、保障期間は短く設定されています。
 愛猫に何かあったときに十分な治療を施すことが出来るように、ペット保険への加入を検討してみるといいでしょう。

この記事が気に入ったらシェアしてね!
みんなのペット保険
57人がみんなの猫事典について「いいね!」と言っています。
武良 悦子
Mika Sato
花井 白蓮
藤井 邦明
竹田瑛里
高瀬 博之
黄瀬 やよい
白鳥 創
本藤 まゆみ
Yoshifumi Matsui
山上 恭子
針原 希美子
川延 彩乃